徐州特許機器有限公司

 

概  要  2001年  1月  国際環境機器(株)を創設、徐州特許機器の運営を受託

              受託生産商品の拡大を推進

      2002年  1月  国際環境機器(株)による徐州特許機器の株式取得により3社の合弁企業となる

               日本:国際環境機器(株)40%  特許機器 10%

               中国:重型機械廠 50%

      2002年  4月  ISO9001-2000 取得

      2002年 12月  第二工場の取得 新設備の導入

              生産機器の拡充(ターレットパンチ・NCブレーキ他)

              工場の生産ラインスペースの拡大

      2003年  4月  第二工場の操業開始

      2006年  7月  国際環境機器(株)が特許機器(株)より合弁の株式を買い取り、国際環境機器(株)が

              50%、重型機械廠が50%の合弁に再編

      2006年 12月  設備投資を行う(ターレットパンチ、NCブレーキの追加)

      2010年  2月  アマダ製レーザー切断加工機を購入

 

企業形式  合弁 合弁先:徐州重型機械廠(徐州工程機械集団公司 傘下)

        (同開発区には、アメリカ”キャタピラ”の独資現地法人、ドイツ”リベハル”の独資現地法人等あり)

 

董 事 会  董 事 長  袁 鵬    徐州重型機械廠

      副董事長  山縣 幸一  国際環境機器株式会社

      総 経 理  岡本 信也  国際環境機器株式会社

取 引 先  ニッタムアー(常州)

      川本ポンプ(蘇州)

      徐州二川機械

      TERAL上海

      重型機械廠

      徐州PAT

      徐州長航科技有限公司

      常州OPK

      蘇州熱交メーカ

      国際環境機器(株)

 

 

 

※1 徐州工程機器集団公司は、土木・建設用機械(ロードローラ、ショベル等)メーカーを束ねる集団公司であり、徐州重型機械廠はその中核企業である。集団公司は1997年広東省深圳にて株式を上場

※2 徐州重型機械廠は、トラッククレーンメーカーであり、中国国内シェアは40%を超える。2006年度の売上は、約60億元。現在、高層ビル用消防車の量販、新製品開発等、新領域にも積極的。

国際環境機器(株)